head_img_slim
HOME > はりきゅうのページ

鍼灸(はりきゅう)とは?

古代中国で生まれた東洋医学の一つで、日本で独特に変化した治療法です。

はり(鍼)とは?

きわめて細い針を使って、ツボや筋肉に刺激を加える治療法です。
日本で主流な方法では、筒を用いて行うので痛みなく治療が行えます。 鍼は1本1本化学的な消毒がされ、1回限りの使い捨てのディスポーザブル鍼が普及しているので衛生面でも安心です。

きゅう(灸)とは?

艾(もぐさ)を用いてツボや筋肉に熱刺激を加える治療法です。
皮膚に直接する場合には皮膚に小さな水泡や灸の痕ができたりします。 皮膚ともぐさの間には空間や緩衝材を入れて、温かな熱刺激を加える方法もあります。
もぐさがあれば、ご家庭でもできる治療法です。 (※鍼灸師の指示を受けてください。)


 

ページトップに戻る